人探しの費用は高い?安い?

MENU

人探しの費用は高い?安い?徹底検証!

探偵事務所、興信所において素行調査、身辺調査などについで多いのが人探しまたは所在調査、行方調査となっているようです。そこで現在何らかの理由で依頼を考えている人の中には人探しの費用は高いのか?それとも安くできるのか興味のあるところではないでしょうか。

 

しかし料金は一概にいくらとも言えないようです。なぜなら依頼内容により難易度があり、全く情報がないものから少しの情報があるものまでまちまちとなっており、それによって調査方法や必要な人員数も変わるとしています。そのため一般的に安いところでは10万以下のところもあり、時間や難易度が高い案件では100万以上かかるところもあるようです。

 

人探しの費用が安く抑えられた事例

 

  • 昔の恋人、恩師、友人
  • 数年前に会社を辞めた同僚
  • 生き別れになった親、兄弟

 

このような場合では相手のフルネーム、容姿、年齢、以前の勤務先など正確な情報が多ければ多いほどに見つけやすく、時間も人手も少なくなるため安く抑えることができるとしています。また対象者となる人物は姿を隠したわけでもなく、依頼人にしてみれば居場所が分からなくなっただけのことで日々日常を過ごしていることが考えられますのでそれほど難易度が高いものではないようです。

 

しかし安い費用での人探し≪興信所≫では居場所である住所を探すだけで情報を提供し、自分で現地に行って確認する必要とする場合もありますので依頼の際にはどこまで実施するのか明確にする必要があるようです。

 

難易度が高い行方調査とは?

 

  • 金銭のトラブル関係の相手、債務者
  • 急な配偶者の家出
  • 離婚後、音信不通になった夫(養育費の未払い)
  • 突然いなくなった交際相手

 

上記の場合では対象者が自ら身を隠していることが推測されますので、本人の正確な情報があっても知人宅やホテルなど様々なところに転々とし長く移住していないケースでは見つけるのに時間、労力も必要となるようです。そのため費用も高くなることも予想されまた着手金は払ったもの見つからなかったということも考えられるようです。

 

人探しのエキスパートへ依頼!

 

また家出の場合では保護者、配偶者(夫、妻)、親族、家出人の看護者においては警察に届けることができるとしていますが、事件性が見られない一般家出人と警察が事件性があると判断して捜索活動をおこなう特異家出人の2つに分けられるようです。そのため事件性がない場合では探偵、興信所に人探しを依頼するというケースも増えているようです。

 

所在調査では早くに見つけたいという思いもありますが、金銭的にも余裕がないという人には多くの経験をもつ探偵、興信所に依頼することをおすすめします。そこでおすすめなのが原一探偵事務所となっており家出人、失踪人の解決実績が多くありますので安心、信頼して任せることができるとしています。独自の情報網やプロフェッショナルな調査員が在籍していますので早くに探し出してくれることが期待でき低料金もまた可能となります。